顔のたるみは治療で改善できる

加齢以外にも紫外線による影響でたるみが起こる

ホームたるみがコンプレックス美容皮膚科での治療若返るヒアルロン酸注入法でたるみ治療たるみ解消最先端のたるみ治療法加齢による衰えたるみをケア美容医療カウンセリング肩甲骨の状態を常に意識する
たるみ治療のダウンタイム皮膚再生療法顔のたるみを押さるたるみの原因は表皮の下sitemap


50代になってから顔のたるみがとても気になっている人も多いはずですが、これは加齢だけが原因で起こるものではありません。
肌は表面から表皮、真皮、皮下組織という3つの部位で構成されており、たるみの原因は表皮の下にある真皮にあると言われています。

コラーゲンやエラスチンという繊維がハリや弾力を生んでいるのですが、これに2つの量が少なくなったり機能が低下したりするとたるみがひどくなると知っておきましょう。

たるみ悪化の原因

コラーゲンやエラスチンの減少は年齢によって起こることが多いのですが、
紫外線の影響を受けることでも肌がダメージを受け、肌の奥まで悪い影響がもたらされるので
ハリや弾力が失われることになります。

紫外線の影響でしわやたるみが起こることを光老化と呼ぶことができますが、
50代になるとこれまでに蓄積されてきたダメージ量も多いので
より大きな問題が感じられやすくなることを知っておきましょう。

きちんと紫外線対策を行っていた場合は年を取っても、光老化による顔のたるみが
起こりにくいですが、そうでなければひどい顔のたるみの原因となってしまうこともあると理解しておくべきです。

原因によって顔のたるみへのアプローチ方法が変わってくるので、
こうした理由で問題が起こることを知っておきましょう。

 

紫外線ケアを忘れないことが大切

50歳を過ぎてから困った顔のたるみを改善したいと考えるのであれば、
確実なUVケアを実施することが大切だと言えます。

30代や40代の頃はしっかりと対策していた人でも、面倒なことなどが理由でケアを怠るようになるケースが多いです。

しかしながら、ケアを怠ってしまうと紫外線による影響を強く受けることになり、光老化が起こりやすくなります。

紫外線による老化

確実に対処するためには波長が長くて光老化の原因となりやすいUVAを防ぐことが大切なので、
これを防ぎやすいSPFの横のプラスが多いものを選ぶことが大事です。

プラスの数が少ないものはUVAを防ぐことが難しいので、せっかくケアしていても
十分な効果が得られない恐れがあります。

夏だけケアを実施する人もいますが、顔のたるみの原因となる紫外線は
冬でも降り注いでいるので注意が必要です。

季節に関係なくしっかりとUVクリームなどを塗るようにして、1年中対処しておくことが重要だと言えます。

窓ガラスもすり抜けて肌にダメージを与えるので、自宅で家事を行うだけでもケアしておくことがポイントです。

光老化で引き起こされる顔のたるみを解決したいのであれば、UVケアを徹底することで肌を整えることができるようにしておきましょう。

サイトマップへ