顔のたるみは治療で改善できる

たるみ治療の新たな領域

ホームたるみがコンプレックス美容皮膚科での治療若返るヒアルロン酸注入法でたるみ治療たるみ解消最先端のたるみ治療法加齢による衰えたるみをケア美容医療カウンセリング肩甲骨の状態を常に意識する
たるみ治療のダウンタイム皮膚再生療法顔のたるみを押さるたるみの原因は表皮の下二日酔いのむくみsitemap


年齢と共にお肌のたるみが気になるようになります。

気になるたるみ

たるみを取り除くためには、たるんでしまったお肌を引き締めるのが最も効果的です。
ヒアルロン酸を注入して、減少してしまった皮下組織を補う方法もありますが、
一時的で何度も繰り返さなければならないデメリットがあります。

お肌を引き締めるためには、専用機器によって高周波(ラジオ波RF)を照射し、
コラーゲンを引き締めかつリモデリングを促す方法が一般的です。

しかし、その高周波を皮膚の内側まで深く浸透させるのが大きな課題となっていました。

そこで最近登場した最新のたるみ治療機器では、皮膚側からだけでなく
裏側(粘膜側)からの両面照射を行うことのできるようになりました。

これによりたるみの引き締め効果が大幅にアップし、皮膚の再構築を促して
お肌を新しくしていくことが可能になったのです。

痛みもほとんどなく、従来のたるみ治療機器では考えられないほどのリフトアップが期待できます。

浸透する

皮膚再生療法を用いた最先端治療

一般的なたるみ治療では、特殊なレーザー機器を使って高周波を皮膚に照射し、
コラーゲンなどを刺激して皮膚の再構築を促していく方法で行いますが、
その他にもPRP皮膚再生療法と呼ばれる最先端医療を用いた治療法も注目されています。

このPRP皮膚再生療法というのは、7~10倍に濃縮した本人の血小板と白血球を用いて
自然治癒力や組織再生力を引き出しつつ、さらにそれぞれの状態に合わせた
成長因子を添加することで、より安定したたるみ治療を行っていく最新治療法のことを言います。

この成長因子というのは様々なものがありますが、もともと血小板の中に含まれており、
18~24歳頃をピークに加齢とともに徐々に衰えてしまいます。

従来のレーザーによるたるみ治療や、ヒアルロン酸などの注入治療では難しかった
目の周りや目の下のたるみ、しわやほうれい線などに対しても、大きな治療効果が出せるのが
PRP皮膚再生療法の特徴です。

サイトマップへ